こんにちは。

デューポイント大桑店です。

今日のブログは、

最近よく見かけるノンシリコンアミノ酸シャンプーは本当に髪にいいのか?シリコンシャンプーの違いは何なのか?

を解説したいと思います。

スポンサーリンク

N112_kuchibiruwomottekuru-thumb-815xauto-14448

※参考
本格派ノンシリコンアミノ酸シャンプー。9種ハーブ配合

みなさんは、市販のシリコンシャンプーですか?ノンシリコンアミノ酸シャンプーですか?

美容室のシャンプーですか?

ノンシリコンアミノ酸シャンプーがたくさん出てきたのは最近ですよね?

みなさんも意識し始めたのは最近ではないでしょうか?

そして、『シリコンが入っていると髪に悪い』

『ノンシリコンは安心』

と思っている方が増えたのではないでしょうか?

そもそも、シリコンとノンシリコンの違いはなんなのでしょうか?

ご存知ですか?

まず、シリコンとはヘアケアや化粧品に配合されるときは、シリコンオイルという、とろみのある油のような状態です。

酸素とケイ素と有機基からなる有機化合物です。シリコンを配合したシャンプーは、すすぎのときの髪の手触りを良くしたり、乾かした後もサラサラを持続してくれる働きを持っています。

また、髪同士の摩擦を抑えてくれるので、朝のブラッシングがしやすいなどといったメリットもあります。シリコンシャンプーは、ノンシリコンのものに比べて、コントロールしやすい髪に仕上げてくれる違いがあります。

しかし、シリコンには髪のボリュームを抑えてしまう働きもあるので、髪をふわっと立ち上げたいという人にはあまりオススメできません。

また、シリコンは保湿性の高い油分でもありますので、皮膚が敏感な方や、頭皮の油分が気になる人も控えた方が良いと思います。

シリコンは撥水性があるため、コーティングされた部分は水や汗をはじくようになります。ですので、ヘアケアだけでなく、水や汗で流れないウォータープルーフのファンデーションや日焼け止めにも使用されています。

また、つけたあとの感触が良好で、べたつかず、シルキーですべりの良い感触となります。そのため、使用感向上の目的でスキンケアに使われる場合もあります。

このシリコンは、、ダメージヘアのケア成分としては、悪いものとはいえません。

FullSizeRender

なぜなら、シリコンオイルが痛んだ髪の表面をコーティングして、キューティクルの剥がれや切れ毛などを予防することができるからです。そして、髪の手触りもさらさらと艶やかに整えてくれます。

では、ノンシリコンシャンプーとは何なのでしょうか?

一般的にシャンプーに配合されているシリコンは、正式にはシリコーンといい、シリコン(元素の1つであるケイ素)を化学的に合成処理したものです。ジメチコン、シクロメチコン、シロキなどの成分があり、髪のキューティクルを保護し、指通りをなめらかにする役割があります。

人体に対して刺激が少なく、安全性も高いため、化粧品などにも使われています。そして、これらシリコンの成分が配合されていないものが、ノンシリコンシャンプーです。

いつの間にか大人気になったノンシリコンアミノ酸シャンプーですが、

以前は、シリコンシャンプーが大人気でした。

そのシリコンシャンプーを使って、みんながシリコンのおかげで手触りが良くなり、

ダメージでパサついていた髪にもツヤが出て、『これはすごく髪に良い!』と大人気になりました。

しかし、シリコンにも、良い部分と悪い部分があります。

何でもそうなんですけど、『たくさん使えばいい』わけではないんです。

当店は美容院なので色々な薬剤を使います。

その時に、シリコンのシャンプーを使っていると施術がやりにくいなども、

もちろんあります。

パーマのかかりが悪くなったり、カラーの染まりが悪くなったり・・。

それに加えて、『シリコンで頭皮がかぶれる』

『シリコンで抜け毛が増える』などと言った噂も広まり、

『シリコンは髪に悪い!!』というイメージに変わってしまったのですね・・。

しかし、本当はシリコンが悪いわけではなく、

何でもそうですが、『適量』というのが1番正しいのではないでしょうか?

FullSizeRender

毎日のシャンプーで、シャンプーを泡立てないで、予洗いもあまりせずに、

シリコンシャンプーをベタベタ頭皮に塗って毎日シャンプーしていると。。

そりゃあ、パーマのかかりも悪くなるだろうし、

カラーの色の入りも悪くなると思います。

シャンプーの仕方や、使っている量にもよるのだと思います。

 

では、結果、シリコンシャンプーかノンシリコンアミノ酸シャンプーどちらがよいのでしょうか?

ノンシリコンシャンプーにこだわって、ノンシリコンシャンプーを使っていても、

『ノンシリコンアミノ酸シャンプーはきしむから、まとまらない。』

『だから、洗い流さないトリートメントのオイル使ってるの。』

と、なる人も多いと思うんです。

しかし!その洗い流さないトリートメントにシリコン入ってませんか?

そーすると、わざわざノンシリコンシャンプーにこだわらなくても良いのではないかと思います。

ということで、

シリコンが良い、悪いや、ノンシリコンが良い、悪い。

で決めるよりも、

自分に1番合ったシャンプー、トリートメント

を選ぶほうが髪にとって1番良いのではないでしょうか?

最後に、シリコンシャンプーと、ノンシリコンシャンプーのメリットをお伝えしたいと思います。

●シリコンシャンプーのメリット●

●シャンプー中にキューティクルが壊れるのを防ぐ

●毛髪同士の摩擦を減らす

●ドライヤーの熱から髪を守る

●広がりやすい髪をしっとりまとめる

ノンシリコンアミノ酸シャンプーのメリット●

●洗い上がりが軽やか

●サラサラヘアになる

●髪がペタンコになりにくい

●自然派コスメ好きの人は安心感がある

という違いがあります。

このメリットをみて、自分に合うシャンプーがどちらなのか選んでみて

くださいね!

髪が広がりやすい、ゴワゴワな人は、ノンシリコンシャンプーを、

使い続けると更に、ゴワゴワで、まとまりのない髪になってしまうので、ご注意くださいね!

いかがでしたか?

本当に自分に合ったシャンプーを使うことで、

かなり、髪も変わります!

今まで傷みもひどく、まとまりもなかった髪でも、自分に合ったシャンプーで

傷みも軽減され、まとまりやすい髪になったりします!

そう思うと、シャンプーは毎日するものだし、そのシャンプーの選び方で髪質も変わると思うと大切ですね!!

みなさんも、自分に合ったシャンプー見つけてくださいね!

以上、ノンシリコンアミノ酸シャンプーは本当に髪にいいのか?シリコンシャンプーとの違いは?

についてのご説明でした。

また書きますね!

スポンサーリンク