はい、みなさんこんにちは!美容室デューポイントイオンタウン野々市店です!今回は髪の毛の違いについてお話したいと思います!!

スポンサーリンク

 

太い硬い髪と細い柔らかい髪の人の違いとは?

構造

人の顔がみんなそれぞれ違うのと一緒で人の髪の毛も人それぞれです。太い髪の毛だったり細い髪の毛だったり、硬い髪質だったり柔らかい髪質だったり・・・。髪質の硬いや柔らかいは見た目でも判断でき分かるとは思いますが太いや細いは見た目だけでは分かりませんよね。今回はなぜ髪質が違うのか、太くて硬い髪の特徴と細くて柔らかい髪の特徴などの違い(見分け方)をご紹介したいと思います。

 

まず一般的に髪の毛が硬い人は太くて真っ黒な髪の毛の方が多く、髪の毛が柔らかい人は細くて少し色素が薄い。というイメージがありませんか?よく、ご自分で硬くて太い髪の毛なんだよね。だったり、細くて柔らかいんです。とカウンセリングの時に耳にします。髪の毛自体は1本1本細く、生えてる量も変わらないはずなのに違いが出てくるのが不思議に思いませんか?

 

では最初に髪の毛の構造についてご紹介します。髪の毛はメデュラ→コルテックス→キューティクルで出来ています。髪の毛が太い・細い・硬い・柔らかいの違いが出てくるのはコルテックスとキューティクルが関係してくるんです!

 

その点を踏まえてそれぞれの特徴をみて違いを見つけましょう。

太い・硬い髪の毛の特徴

髪

まず太い・硬い髪の毛の特徴をまずみてみましょう。芸能人で言えば、沢尻エリカさんなど!

太い・硬い髪の毛はまず髪の毛自体が黒くて1本1本しっかりとしています。というのは、髪の毛の構造のキューティクルの層がしっかりとしています。触った感じでもしっかりしてると感じると思います。

 

次に髪の毛の構造のコルテックスにも違いあります。太い・硬い髪の毛の人はコルテックスがしっかりと詰まっている状態です。隙間がない状態なので髪の毛自体柔らかくなく、硬くしっかりしています。髪の毛が太くて硬い方は初めてヘアカラーする際、染まりにくい傾向があります。ヘアカラーはコルテックスにあるメラニン色素を少し脱色してカラーを入れていきます。コルテックスがしっかりと詰まっている状態だと隙間がある方に比べて染まりにくいんです。

 

 

細い・柔らかい髪の毛の特徴

髪1

では次に細い・柔らかい髪の毛の特徴をみてみましょう。芸能人で言えば、板野友美さんなど!

細い・柔らかい髪の毛は太い・硬い髪の毛に比べると髪の毛1本1本がへにゃっとしています。髪の毛の構造のキューティクルの層がしっかりとしていなく、薄い状態です。ということはキューティクルが薄い分、太くて硬い髪の毛の人より髪の毛が傷みやすいということです。

 

 

次に髪の毛の構造のコルテックスは、太い・硬い髪の毛に比べるとやはり詰まってはいますが、コルテックスに多少の隙間があります。その隙間があるからこそ柔らかく感じるのです。しっかりと詰まっていない為、初めてヘアカラーされる方はコルテックスがしっかり詰まっている太い・硬い髪の毛の方に比べると染まりやすいですね。ヘアカラーやパーマ等を繰り返している方はキューティクル・コルテックスが傷んでくるので髪質が変わる場合もございます。

 

よく年を重ねる毎に髪質が変わってきて細くなってきたと感じる方いらっしゃいませんか?髪質は年々変わります。そして細くなったり、柔らかくなる方が多いです。それは毎日のシャンプーやドライヤー、ヘアカラーやパーマ等のダメージも関係してきますね。

 

いかがでしたか?今回は太くて硬い髪と細くて柔らかい髪についてお話させて頂きました。髪の毛の構造の違いから太くて硬い髪だったり、細くて柔らかい髪と違いが出てくるんですね!ちなみにご自分はどの髪質でしたか?ご自分の髪質を理解した上で、髪型だったり、スタイリング剤だったり合う合わないがありので、今回の記事がみなさんのお役に立てればなと思いました!!まずはご自分の髪質を理解することからはじめましょう!

 

以上!「太い硬い髪と細い柔らかい髪の人の違いとは?」でした★

ドライヤー③

スポンサーリンク